ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

コメント頂いたので返信②  

返信いただいたので、さらに返信です。

「そうですね~。
私はさとるさんの言う通り働きたくないんだと思います。
半年間既卒で就職活動をしていたことがあるのですが、その日々はたまにの就職活動以外、ゲームをしたり、絵を書いたり、楽器を弾いたりとにかく好きなことをしていました。半分ニートですね笑

世間では、ニートは逆につまらないとありますが、私はそんなことはなく、ただただ楽しかったことを覚えています。結局は世間体と家族の目から就職を選びましたが…それが許されるならずっとその状況を楽しんでいたでしょうと思います。ですので、さとるさんが言う通り私は「働きたくない」んだと思います。

ただ、生きるためにはお金が必要ですよね(普通に生活するなら)。なので私のような働きたくない人はどのように生きればいいのか、なんて考えたりします。現在私は、正社員として就業していますが、働きたくないので物凄くつらいです。別に無気力なわけではないのですが、とにかく働きたくないのです。

なので、趣味の延長線上で仕事をしてみるなど、まだ試していないことを徐々にやっていこうとは思っています。
さとるさんも現状維持のままで、一生を終えることができる可能性は非常に低いのでは?と思います。将来のことは考えていないし、どうにかなるという考え方に非常に興味がありますが、さとるさんの現在の状況は必ず終わりを迎えますよね。

変化が訪れた時に、ご自分で打破できる自信があって、どうにかなるだろうという考え方なのかな?と思いましたが、「仏に救われることが確定している」どうもこの言葉からそれだけではないような気がします。そこに至るまでの考え方を教えていただけたらなと思います!

しかし「仏に救われることが確定している」というのは、さとるさんにとっては確定していますが、私にとって確定していることではありません。なぜなら私は仏教が嫌いですし、胡散臭いし、信用していないからです。世の中見たことないモノ、知らないモノは自分にとって存在しないと同じだと思います。私は、仏教を体感したことがないので、世の中に存在しないと同義です。実際に救われたこともないですし。

仏教のあり方を参考に人生を謳歌するならわかりますが、「仏に救われることが確定している」というのは夢物語な気がしてなりません。

今回は、少し突っ掛かるコメントをしてしまいましたが、私の正直な疑問をぶつけてみました。
なんか失礼な感じに思われたらごめんなさい笑
こーいう考え方の人もいると思っていただければ!と思います。
長文失礼しましたー」(azさん)
-- 続きを読む(このまま開きます) --
スポンサーサイト

category: 求道

コメント頂いたので返信  

前回記事に対するコメントをいただいたので、返信しようと思います。

「お久しぶりな更新ですね。
僕は正直、仏教とかそういう類のものが好きではありません。
しかし、さとるさんが説明してくださったお話はなぜか、仏教であるとい先入観を感じず、一つの悩みを解決できる助言として理解することができました。
さとるさんのブログを読んで答えに近づけたように思います。

僕はまだ全然答えが見つかってないし、すっきりしていませんw

働くとは何なのか。好きなことをを仕事にすれば激務に耐えられるのか。一度の人生何をすればよいのか。仕事と割りきって興味のない業務でお金だけもらう人生はいけないのか。定時で帰って趣味に費やす人生の価値は??

などなど、悩みは尽きませんw
さとるさんの今現在の考え方をまた教えてくださいね。 」(azさん)

-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 求道

やっぱり伝えたいと思った  

最近いろんな思いがありすぎてもやもやしていたけれど、僕はやっぱり仏教の心を伝えたいと思った。
仏教っていう枠は名前からして古臭いから嫌だし、宗教なんて実生活と関係なさ過ぎてわけわからんとしか思われないんだけど、でも僕が一番伝えたいのはやっぱりこれだ。

知識でもなく感情でもなく、心を伝えたい。伝わってほしい。なぜなら僕自身が仏の信心というものから限りない力をもらったし、これ以上ないほどの安心感をもらったから。

こんなこと絶対人には伝わらないだろうなとしか思えなかったし、それに信心なんていうものを必要としている人がそもそもいないなって思ってた。まぁそれは今でも変わらないんだけど、でもそれでも、僕がどれだけの犠牲を払っても伝えたいのはこれしかない。これ以外のことはその人それぞれの形があって、自由にやっていいものだと思う。

久しぶりにブログを書こうと思ったのは、僕自身がこの気持ちを文章として留めておきたいというのもあるけれど、誰かに伝わってほしいっていう気持ちがあったからなのは間違いないです。

どんな形になるかはわからないけれど、必ず伝えたいと思う。徒労に終わるかもしれないけど、やれるだけのことはやってみたい。自分だけが救われて、じゃああとはのんびり気ままに生活~って気分にはどうしてもなれない。なんだよそれ。

とりあえずそれだけ。読んでくれてありがとうございました。

category: 求道

自分はこのままでいいって思えるものがあるかどうか  

人間って常に何か救いを求めているように思う。それが自分のやりたいことだったり、家族だったり恋人だったり、小説や映画だったり。小さくはあっても幸せだと思える瞬間、を追い求めてる。

僕はそういう小さな幸せどれ一つ取っても満足できないっていう状態になってしまって、だからこそ仏教を聞きたいって思ったんだろうなぁ。何をやっても「だから何なんだろう」っていう虚しさが付きまとって、でもそんな現状を変える力は僕には無くて、自分に満足感・安心感を与えてくれるものを探してきたんだと思う。

わがままな話だなぁって思うけど、でも僕にはそうするしかなかった。宗教を頼る人っていうのは多かれ少なかれそんな感じなんじゃないだろうか。

けど、だからといって「神様仏様が見守ってくれています」とか言われても自分にそんな実感なんて全然わかないし、だったら証明してみろよとか奇跡を起こしてくれとか、そんな思いしかわいてこない。

そもそもそんな宗教話で満足できるような人っていうのは、宗教がなくてもそれなりに満足した生活を送ってる人なんだと思う。それなりの健康、それなりの経済力、それなりの人間関係。それが前提としてあるからこそ「あぁ~神様が守ってくれるんだ、ありがとう~」って思える。自分の生活の幸せにプラスするような形で、宗教の救いを利用してる。

僕にはそれも無理だった。だっていつか死ぬ。今は元気だけど、いつか元気もなくなる。お金もどうなるかわからない。そんな慰めのようなお伽話なんていらなかった。自分が不幸になったら色褪せるような宗教なんて興味がない。

自分の人生のすべてを覆して、自分の価値観の全てを打ち壊して、自分がどんな状況になっても崩れることのない絶対的なもの。僕が欲しいのはそういうものだった。

一言でいうと、実感が欲しかったんだと思う。宗教で言われていることが間違いなくそうであると思える手応え。神や仏の存在を感じられる何か。そういうものを求めてた。

逆に言えばそこまで追い詰められてたんだけどね。今の自分に納得がいかない、人生に納得がいかない。これでいいんだって何度も言い聞かせても、でもやっぱり不安な気持ち、焦る気持ちが出てくる。それを全て解消してくれるものがあれば、何でも良かった。

仏法を聞き抜いて阿弥陀仏と対面する人は「国に一人、郡に一人」という言葉があるけれど、まぁ確かにそうだろうなと思う。そこまで追い詰められた人じゃないと求めようっていう気にそもそもならないし。

けど、それだけの力がある。他の全てを犠牲にしても求める価値があると僕は思う。自分の人生の不安や悩み、苦しみを一気にひっくり返すだけの救いが仏教にはある。

仏教は「除苦悩法」とも言われる。苦悩を取り除くための法ですよっていうこと。求めれば、その人に見合ったものを必ず返してくれる法だなって僕は思う。

category: 求道

人生の答えを探す旅・あとがき  

全10回の人生の答えを探す旅、いかがだったでしょうか。すんごい長かったですが、読んでくれて本当にありがとうございます。あとがきと称して、恐らくみなさんが感じてられる気持ちについて補足したいと思います。
-- 続きを読む(このまま開きます) --

category: 求道

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。