ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

ひま。  

ひまだ…。やることがない。これ書くの何回目だろう?

ニートは常に暇との戦いだ。なぜ暇になるのがダメかというと、思考がどんどん内向きになっていろんなことに余計な不安を感じるようになってくるから。その様子はもはや自分から不安になろうとしてるんじゃないかとすら思うくらいだ。もしくは不安なのが真実で、普段はそれを見て見ぬふりしてるから暇になるとそれに気づいてしまうからかも。それくらい暇というのは僕にとって敵だし恐ろしい。かといって泣き止まない赤ちゃんにミルクを与えて落ち着かせるように漫画やゲームやアニメを繰り返す日々もまた修行でしかない。人生は死ぬまでの暇つぶしというけれど、それってつまり人生はすべて暇ということなのだから、じゃあ僕は一生修行することになるということなのかな。

そしてまたひまがやってくる。

category: 未分類

寝太郎さんが仏教について書いてるのを読んで  

寝太郎ブログ「求めるから苦しいのです」のはてな

”「現世的な幸福」「現世的な快」をどうにかしたいと思って仏教に関心を持つ人はいないのであって、あくまで「現世的な不幸」「現世的な不快」をどうにかしたいというのが多くの人の願いである。ところが、仏教の処方箋は「求めるから苦しいのです」としてそもそも快不快というシステムそのものにメスを入れてしまうので、不幸を遠ざけ幸福を招くどころか、何もかも諦めなければならないと(少なくとも表面的には)言っている。仏教でも瞑想でも文字通り理解してゆけば多くの人がつまづくであろう部分である。”

僕らが何かに悩んで哲学やら仏教やらを頼るときっていうのは、嫌なことは少なく嬉しいことがたくさんになるようにと期待してのことだと思う。そこに対して仏教が答えるのは「そもそも求めるから苦しいのです」っていうのはある意味事実だと思う。実際にはお釈迦さまは教えを説く相手に応じて話をしているので普通に悩み相談にのったりしてるエピソードもあるんだけどね。でもそういうのはそのときのその相手にだけ有効な話なので後世に広く伝わる話としてはどうしてもより根本的で本質的な話にならざるを得ない。お釈迦さまは八万四千の法門(さとりへの入り口)を説いたとされてるけど、僕らの世代にまで伝わるような話っていうのはその中のごくごく一部だということ。

なんでそんなたくさんの話をしたかというとお釈迦さまの説法の仕組みってちょっと変わっていて、一つの悩みに対してまずは一つのアドバイスをするんだけど、それが出来る人はそれをやって、出来ない人はこっちのやり方、さらにそれも出来ない人はこっちをどうぞみたいにどんどん選別していく仕組みになってるんだよね。僕の作り話で例えを言うと、お腹が空いて困ってますっていう人がいればまずじゃあ何か食べろという風になるわけだけど、食べ物がなくてそれが出来ないんですという人に対してはじゃあ誰かから食べ物をもらいなさいとなって、それも上手く行かないというのであれば「自分が貰いたいならまず相手に与えなさい」という布施の話になって、それもできないんだけどどうにかしたいんですとなると「そもそも欲望によって苦しめられているんですよー」という風になるみたいな感じ。

お腹が空いてる、という目の前の苦しみに夢中になっている人に対して「欲望があるのが問題だ」とか最初からいきなり言っても伝わらないわけなので、段階を追ってその人が理解できる=求めている答えをするというのがお釈迦さまのやり方なんだよね。で、色んな人が色んなアドバイスをもらったわけだけど、どうもみんなが聞いた話の行き着くところをまとめてみると「快不快というシステムそのものにメスを入れる」ということだったというわけ。まぁほんとはその先にもまだいろいろとあるんだけども。

>>煩悩なんて80歳にもなれば嫌でも自然と消えていくであろうものを、なぜ20や30で消す、あるいは対処しなければならないのか。

これは煩悩について勘違いしてる。その場その場の状況によって起きる欲望とかやらしい気持ちとか怒りとか嫉妬を煩悩って言うのではなくて、僕らという存在そのものが煩悩で出来てるんだよね。その煩悩によって自らの身を焼き尽くして地獄へと落ちていく様子があまりに哀れということでどうにかして悟りをひらいてほしいという気持ちで伝えられたのが仏教。そのへん詳しくはまた気が向いたら。

>>しかし今のところ何を根拠に言っているのかよくわからないことが多すぎるし、もしも仏教の言うことが何かしら間違っていたとしたら、それに従うことは丸々人生を捨てるようなものである。

心情的には言ってることすごく理解できるけど、これはお門違いという感じだなぁ。そもそも仏教は僕らに強制してるわけではなくて、あくまで「困っているので何か助けて欲しい」という人のために説かれた話なんだよね。だから別に助けていらんというのであれば聞く必要はないし、聞いても意味ないと思う。僕も生まれてから20年以上仏教なんてかけらも興味無かったしね。ちゃんと根拠があるなら聞きたいですっていうことについてもちゃんと根拠は言ってはいるんだけど、僕ら人間のレベルだとそれを検証しようがないんだよね。例えば因果の道理によって過去世はあるんですよーとか言われても過去世なんてほんとにあったかどうか確かめようがないし。あとは丸々人生を捨てるって書かれてるけどそれがこの人にとっての仏教観なんだな…と思った。別に一生何かのルールに従うというわけでもないんだけれども。

>>現世的な悩みを抱える人に好都合なように、本来「よいこと」であるはずの欲望の追求や自我の構築を「悪いことだ」「慎むべきことだ」 として、大掛かりな価値の転換をすることによって、信者を抱え込んできた可能性がある、ということである。

これは新興宗教のやり口だよね。僕が最初に仏教を聞きに行った団体もそうだったけども。仏教は聞けば聞くほど僕らの普段の行動とか気にして無くて、ただただ「悟りを開いて極楽に生まれて欲しい」ということでしかないんだけど、多分僕らとしてはそんなことどうでもよくて「あなたは普段こういう行動を取りなさいよ、そうすれば幸せになれますよ」って言って欲しいと思ってるということだよね。僕もニートやってるからよく思う。仏さんが現れてなんか具体的にアドバイスくれねーかなーとかしょっちゅう思う。そういう話を求める人はそういう話に飛びついてツボを買ってしまうんだろな。

欲がどうとか前世がどうとかはほんとはどうでもよくて、あなた死んだらやばいことになるから助けますよーに対してそうなんですねありがとうございます、がお釈迦さまが伝えたかった真意だと僕は感じてる。そのありがとうございますが難しいんだけども。

category: 未分類

リアルマネーでトレードしてみて  

昨日一日リアルマネーを少し投入してやってみた。案の定、実戦になるとうまくいかずに損切りばっかりだった。事前に考えていた作戦もデモでは上手くいっても本番となるとやっぱり経験値の無さが出て思うように実行できないんだよね。これを安定して勝てるようになるためにあとはひたすら作戦を立て直して実戦してみてっていうトライアンドエラーを繰り返していくことだけなんだろうと思う。

でもそうなると、もはや普通に働くということとあまり変わらないということになる。もちろん普通に働くのとは違って数ヶ月の努力でもう一生お金に困らないようなスキルを身につけることができるのかもしれない。FXとか株とかアフィリエイトとかそういう副業的なお金稼ぎの謳い文句ってだいたいそういうことが書かれてるし実際そうなのかもしれないけど、でもじゃあそれをやったからといって一体何なんだろうとやっぱり思ってしまう。

FXにしてもアフィリエイトにしても、調べるとブログとかサイトとかたくさんあっていつでも情報を得られるようになってる。その中には有料のセミナーを企画してる人や、ノウハウをまとめた教材を作って販売してる人もいたりする。けど思うんだけど、そういう人たちってなんでそんなことしてるんだろうか。稼げるようになったならあとは一人で稼いで楽しく過ごしてればいいんじゃないのって僕は思ってしまうんだけど、見てるとどうやらそういうふうになれないみたいなんだよね。明らかに人とのつながりを求めているし、それは自分が得意な成功したジャンルでつながることで優位性のある人間関係を築こうとしているんだなってことがわかるんだよね。

何の漫画だったか、50億くらい稼いだおっちゃんがさらにお金を稼ごうとするんだけど失敗して逆に借金をしてしまって、その取り立てをする人についてきた青年が「なんで50億も稼いだのにもっと稼ごうとするのか。それだけあれば一生遊んで暮らせるんじゃないか」みたいなことを言ったときに、そのおっちゃんが「それは死んでるも同然や」みたいなことを言うんだよね。銀と金だったかな。福本漫画だった気がする。

逆に言うなら生きるっていうのは常に何かに向かって走り続けることであるし、何かに向かうというのは何かしら自分の中に不安や問題があるということに他ならないんだと思う。
僕は人間関係を求めてはいないし体も健康だからこそ、何か不安にかられる時っていうのはどうしてもお金や働くことを考えてしまう。でもその度に会社員時代の頃を思い出して、あのときはお金も仕事も健康もあったけど人間関係が嫌で生きていく気力が出なかったなってことを思い出す。何かを満たせば何かが足りなくなって、生きていく上で起こる不安や衝動みたいなものの矛先がその足りない部分めがけて突き刺さってくる感じなんだよね。

多分だけど、僕の場合は仮にこれからお金や仕事に困らなくなったとしたら今度は結婚とか家族とかそういうことで悩みだすような気がしている。それを満たしたら今度は子どもとか親戚関係とかなんだろうか。それすら満たしたら今度は名誉や社会的地位、自分を崇拝してくれる宗教みたいなものでも起こしてしまうんじゃないだろうか。何かを満たす度にテーマがすり替わって、根本的に現状で満足するという生き方は一生できない気がしてる。

仏教でいうなら一切皆苦ってことなんだろうな。僕は悟りを開いているわけじゃないけど、嬉しいことや楽しいことと嫌なことやつまらないことっていうのは本質的に同じなんじゃないかなって思うし、普通は嬉しいことや楽しいことがあるとみんな喜ぶわけだけど、そこで満たされた分、今度は別のテーマで飢餓感に苦しむってことだよなぁって思う。その落差は喜びが大きければ大きいほど深いものになるんだろうね。有名な芸能人やスポーツ選手がよく麻薬事件でニュースになるけど、そうしてしまいたくなる心理がそこに現れてるよね。

人間、というか自分ってそういうふうに出来てる存在なんだなってことを自覚すると、目の前で起こる嬉しいことや嫌なことに対して少し距離を置くことができると思う。それに付き合ってても振り回されるだけでしょうがないっていうか。そういう目の前の喜怒哀楽に振り回されるどうしようもない自分をどうやって変えていけるのか、そこが問題なんだと思うんだよね。

category: 未分類

まさかとは思っていたけど  

前に「めんどくさくなってやってない」と言ってたFXなんだけど、今週もはや何度目になるかわからない暇状態になったのでしょうがなく自分が組み立てた理論を実際にデモトレードで検証するというのを3日間くらいやってた。

結果的にはめっちゃ勝った。これ普通にFXでやっていけるんじゃねっていうくらい。投資の手法には完璧なものってのは存在しなくてどれだけ勝っている人でも一定のリスクを背負ってるから多少の損があるのが当たり前。僕の手法も当然それは織り込み済みでトータルで勝てばいいやって感じなんだけど、それにしても想定した以上に勝ててしまった。多分たまたま相場の動きが自分のやり方に合ってただけだろうけど、もしかしたら実際にリアルマネーで取引していくかもしれない。
僕にはお金を使ってやりたいことは無くてただ単に今の生活を続けるためでしかないので、一切の人間関係が無くひたすら自分を見つめながら研究してやっていける投資は向いてるのかもしれない。

category: 未分類

治験行ってきたのとFXやお金の話  

行ってきました。

と言っても今回は予備メンバーでの参加で、薬を飲んだりすることは無く補欠として一泊してきただけだった。
行ったのはここ

漫画喫茶の施設を広げて清潔にしたみたいな感じの所でただダラダラと時間を過ごすだけの簡単なお仕事。たまには家から出て外で何日か過ごしたいけど色々と面倒な人にはおすすめかもしれない。食事もベッドも着替えも全部向こうが用意してくれて健康診断とかもただ看護婦さんに言われたとおりにやってればいいだけで、診察する時間以外はベッドで寝てようが漫画読んでようがPC触ってようが自由。ただ外には出られないので引きこもる精神力がないとキツイかも。それでだいたい一日2万円くらいもらえた。
以前の記事に書いたように事前に健康診断もあるんだけど5000円×2回分もらえるので、薬飲んだり入院するのは嫌だけど健康診断受けてみたいし小遣い欲しい人なんかはそこまでやってみるだけでもいいのでは。
今回はお試し的な一泊だったけど気が向いたらまたやるかも。

FXについて。
デモ口座で自分の勘と気分を頼りにしたギャンブル手法で500万を1000万にしたあと0円にしたので、なるほどこうやって多くのFX参加者は退場させられるんだなということを理解したのち、いろいろ調べた結果自分なりの優位性のある売買ルールにもとづいて淡々と取引することが重要ということがわかったので自分なりの作戦を立てて過去のチャートからエクセルに入力していきながら売買ルールを作ってなんとかこれでいけそうかなということがわかったので次はデモ口座でそのシミュレーションをしようかなというところでめんどくさくなってやってない。長い一文だった。

なんでいつも軌道に乗り始めるかどうかってところでめんどくさくなるのかというと、僕には本気でお金を稼ぐ理由が無いからだと思う。宝くじ当たりてぇ~とか言ってるけど、多分僕は宝くじが当たっても今と変わらない生活を送ると思うんだよね。お金があってもなくても今の生活を送るんだったら別にこれ以上必要なものは無いわけなので、僕がお金を稼ごうかなとか言ってるのはだいたいその場の気分で言ってるだけにすぎない。もっと言うと、日常を送っていて起きる不安やストレスみたいな感情の波をお金のせいにしてぶつけることで解消してるんだと思う。そうやって精神の安定を保つという手法を採用しているということなんだろうな。本気でお金が必要だと思ってたら四の五の言わずに働いてるだろうし。

自分に無いもののせいにすることで精神の安定を図ろうとするのって多分みんなあると思うんだけど、これが人生における幸福の副作用だと僕は思う。なんか良いことがあるのって後払いか先払いかはわかんないけどどっかで調節されるんだよね。精神的にも物理的にも、いろいろとトータルで見るとみんな別に得してないなって思う。得してる、すごく恵まれてるように見える人はその反面どっかで何かしらを犠牲にしてるし、させられることになる。なので僕の残りの人生の生き方としてはできるだけその波を穏やかに、良いことがない代わりに悪いこともないといった具合にしていきたい。いろいろなことに振り回されるのは疲れるだけのような気がする。

category: 未分類