ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

悩むっていうおくすり  

自分が悩んでたり、誰かが悩んでる姿を見ると「悩むことを通じて人生楽しんでるな」って思う。

こんな話があって、人間ってうまく行ったときよりもうまく行かなかったときのほうが脳内の興奮物質が多くでるらしいんだよね。確かに自分の心を見つめてみてもそんな気がする。うまく行ったときはもちろんテンションも上がるんだけど、どちらかと言うと「スッキリする」という感じで、心の中が平和になる感じなんだよね。平和になったらあとはもうやること無くなって寝るくらいしかない。だから感情のうねりというのか感動の激しさという点で言えば失敗した時のほうが大きいなぁっていうのは前から感じてた。で、それを知った時から「あ、人間ってやっぱ悩むことを通じて人生楽しんでるんだな」っていうのが自分の中でほぼ確信に近いものになってる。

人は生きてる以上は必ず何かの動きを取っているし、何かを感じて何かを表現しようとしてる。そしたら必ずうまく行く時と行かない時がくるわけだけど、どっちにしても僕らはそういうことを通じて生きてる実感みたいなものを得ているというか、暇つぶししてるんだと思う。それぐらい何もしない状態が恐ろしいし、無理なんだなって思った。

だから人はなぜ悩むのかっていう問いに対しては、「悩んででもいいからとにかく何かしたいからだ」ってな感じに答えられるんじゃないかな。なんでかはわからないけど、人は何もしないということができない。嫌なことがあるならそれに関係するすべてを捨てさればいい話なのに、僕らにはそれができないんだよね。空白に耐えられないというか。捨て去ったとしても結局また何か見つけてそこで新たな悩みに自分から巻き込まれに行くんだと思う。そんなことを繰り返してる自分を見てるとそういう心の動きが本当によくわかる。

悩んでる真っ最中の自分は心の中ですごく嫌だと感じてるし早くどうにかしたいと思ってるんだけど、でもそれのおかげである意味目標ができて生きる原動力になってるし、まるで映画の中の悲劇のヒロインにでもなったような気分にひたれるんだと思う。こう書くと誤解されるかもしれないけど別に悩むことを肯定してるんじゃなくて、悩むという名前のおくすりにはそういった副作用がありますよー的な感じ。

悩みそのものを楽しむことはできないけど、悩んでる自分を楽しんでるというか、とにかく没入感がすごいよね。

category: 未分類

最近のよく心に浮かぶこと  

人生はガチャだ、と思う。

明日の朝起きたときの気分が良いのか悪いのか、今の僕にはわからないしなんの対策もとりようがない。気分が良くなったときのことを思い出してそれをなぞってみたりしても、繰り返せば繰り返すほど劣化していって飽きたりめんどくさくなってる自分に気がつく。でも思ってもみなかったふとしたことで気分が良くなったりもするので、これはもう毎秒ごとに気分ガチャを引いてるようなものだなって感じるようになってきた。

あとは自分の意思って最高に弱いなということとか。

どれだけ志があったり信念があっても、表面上の動きにどうしても抗えない自分がいることに気づくときがあって。わかりやすい例えとしてはお腹が空いたときとか眠いときとか。睡眠とか自分の意思でその行動を選んだことなんて一度たりともないんじゃないだろうかって思うくらいだ。眠くなるから寝るわけだけど、それは眠いからであって寝たいからではないと思う。食事にしても、実はお腹が空いてるからというよりストレス解消のためだったりその場の瞬間的な気分で食べてることが多い。
意思というよりも反応って言葉のほうが正しいんじゃないかな。そんなことだらけで僕の人生は構成されてる。

あとは人生はコンテンツだということとか。

絶対的に正しい価値観とか物事がない以上、何をやってもただのコンテンツだとしか思えない。ゲームだったら数十時間くらいのコンテンツ。結婚だったら数十年くらいのコンテンツ。社会は大小いろんな規模のソシャゲで溢れてるみたいだ。その中で僕という主体はまるで体験型の映画でも見るかのようにそのコンテンツに取り組んで、一喜一憂を味わいながら時間を消費していってるんだなーと。

人間という動物の性質上なんのコンテンツもやらずに過ごすということはできなくって、必ず何か表面的な行動や思考を取り続ける存在だと思うので、だとするとやっぱり仕事とか家庭っていうのはスパンの長いコンテンツだから、いちいち選ぶ手間暇が省けて良いんだろうなと思う。それやっときゃとりあえず安心、みたいな。あとはそこで毎秒ごとに気分ガチャ引いてどうぞって感じ。

最近、仕事に慣れてきてしまって作業しながらこんなことが頭をめぐるようになってきたので、ブログにも書いてみようって思った。
この記事読んで疲れたとか面白かったとかそれも全部ガチャだから。

明日はどんなガチャ引けるかなー

category: 未分類

気がついたら  

ソシャゲでギルド運営やってた。去年もネトゲでギルド運営してたけど、気がついたらまたやってるなぁ…そういうの好きなんだと思う。
けど今回はギルドマスターだった人がやめて僕がマスターに繰り上がるという形だった。その人がギルドをやめるってなったときとても悲しかったし喪失感があったんだけど、その感覚が来たときに「また同じこと繰り返してるなー」って自分の中で思考が巡った。

なんかこう…人生って何かを好きになったり愛着もったりしないとモチベが出ないから生きていけないじゃん?けどそういうのって必ず別れのときがあるわけで、その喪失感とか虚無感ってほんと辛いんだよね。
これは生きている以上、誰しも必ずもってるものだと思う。自分は何も守るものがないって人でも最後には自分自身というものがあるわけだし。

仏教の言葉でいうと愛別離苦ってやつだなぁ…。どんなに愛しいものでも必ず離れることになるという。いわゆる四苦八苦の中の一つで、他には怨憎会苦(怨み憎んでいる者に会う)とか求不得苦(求める物が得られない)とか五蘊盛苦(肉体と精神が思い通りにならない)ってのがある。これは人が避けることのできない必ずいつかは降り注ぐ苦しみなんだよね。まぁもちろんそればっかりじゃなくて楽しいこととか嬉しいことも必ずあるんだけどね。

けど、なんかその繰り返しなんだよなぁ…って生きてて常々思う。手で水をすくうようなことに一生懸命になって、勝手に喜んだり苦しんだりしてるなぁと。それやって結局なんなの?って聞かれてまともに答えられること一つもやれてない。マイナスじゃないかもしれないけどプラスでもないというか。

そうやってあくせくしながら一喜一憂しながら生きて…最後には時間だけが経ってるんだろうなぁ。。自分は今まで何をやってきてたんだろう…って死ぬ間際に絶対思う自信あるわ。仏教を他の人に伝えること…が唯一僕にとって生きてやる価値があると思えることなんだけど、なんでそれが大切なのか、何がそんなにすごいのかを自分でも説明できる気が全くしないんだよね…。

でもおそらく僕にとっての終着は仏教なので、そのうち何かのきっかけで動画で解説とかブログ書いたり…
できたらいいなぁ。。

なんだか心がざわついてる夜に書いた記事でした。読んでくれてありがとう。

category: 未分類

生存  

してます。

最近お金が無くなってきた上に新しいPCを買ったりしたので家から近いとこでバイトを始めた。しかもなぜか掛け持ちで働いてるのでほぼ休み無しで毎日どっかしら出かけてる。僕はやらないときはとことんやらないけど、やるときは唐突に脈絡もなくしかもすごい勢いで動きはじめるところがある。

一つは近くのスーパーで弁当とか作るやつ。パートのおばちゃんたちと一緒に作業をする。これは時給的に言っても最低レベルだし仕事も単純で毎日毎日同じメニューを作り続けるだけ。けど特に嫌な人間関係があるわけでもなくひたすら作業してるだけなので精神的には楽だし力仕事でも無いので地味に長く続けられるんじゃないかと思ってる。

人間って暇になるとどうしようもない生き物で、周りの連中を巻き込んで争ったり騒いだりする習性があるんだよね。だいたいどうでもいいしょうもないことで言い争う原因の一つは暇なことにある。だからこの仕事はみんな毎日等しく忙しいという意味で平和だなぁって感じる。その代わりつまらんし時給は安いって感じかな。ただ、ご飯を作るっていうのは僕的には数少ない意味を感じられる仕事だなって思う。ご飯、食べるしね。

もう一つは駅前にある学童保育というのか、アフタースクール?みたいなとこに通っている子どもの送り迎え。これは準社員という形で働いてるので、一応月給でやってる。これはとても楽だしその割に給料もそこそこなんだけど、朝やら昼やら夜やら、その日によって動く時間が細かく変わるのが大変なところ。あと子どもたちのどうでもいい話を聞いてあげたり一緒に遊んだりする必要がある。この仕事には特に意味を感じないのでやる気も全く出ないんだけど、楽なので適当にやり過ごせるような気がしている。

あと仕事を再開して変わったのは生活費がかかるようになったというところ。今までニートのときは買いたいものも無いしあまり食べることもしなかったのでスマホ代いれても月一万あれば十分て感じだったけど、今は労働のストレスのせいか無駄にコンビニで割高なもの買って食べたり酒飲んだりゲーム買ったりしてるので月3,4万くらいの支出にはなりそうかな。収入が多くなるほど支出も増えるもんだなって思った。

それ以外に感じることといえば…やっぱり人生ってどうあってもトータルでゼロというか、どんな状態になっても良い部分だけを集めることはできないし、逆に悪いことばかりで満ちることもないってことだろうか…。特に長い目で見ればみるほどそうなるように思う。自分は得をしている、あるいは損をしているというのは大抵自分勝手な思い込みのような気がする。

ニートで毎日24時間自由な日々と、バイトのかけもちで朝から夜まで毎日働く今と、僕の感覚的にはあんまり違いを感じない。どちらにせよただ時間だけが過ぎ去ってるなーって感じだ。

とりあえずDQ11買ったのでそれが終わった頃にまたブログかければいいかなー。

category: 未分類

最近マンションの管理人の仕事に応募したんだけど  

落ちた。

category: 未分類