ゆとりさとるの日々

人として自然な生き方を目指す

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm: --

最近  

お久しぶりの更新です。ブログ書けてないので、今日はそれと合わせてテーマを一つ書こうかなと。

いろんなことを始めたりやめたりを繰り返してきた僕だけど、一つだけ変わらずに続けていることがあって、それが人生とか人間について考えるということなんだよね。ブログを書いてない今でもそれは毎日のように続けてる。なんかこれ何回も書いてる気がするな。

例えば最近だと「やりたいことが見つからない」という悩みに対する答えがようやく見つかった。この悩み、実際に僕もこれまで会社を辞めてから何年間かずっと抱え続けていたものだったんだけど、これは「やりたいことが見つからない」のではなく、「今自分がやっていることに自信が持ててない」ということの裏返しなんだなっていうことだと気づいたんだよね。

そもそも、人間はやりたいと思うことしかやらないしできない。そりゃ瞬間的に嫌なこととかやりたくないことをやらされてると感じることはあるだろうけど、そうなることもひっくるめてその環境を選んでいるのは自分なわけだから、大きな視点で見てやりたいことをやってない人間というのはいないと思う。なのになぜ「やりたいことがない」と感じるのかというと、それは他人を見て羨ましく感じて自分もそうならなきゃと焦っている、つまり自己肯定感とか承認欲求が満たされてないからだと思うんだよね。

その欲求不満や焦りが形を変えて「やりたいことがない」という悩みとして表面に現れているんだなと。だからもしやりたいことがないって愚痴をこぼしてる人が周りにいるなら、その人が普段どんなことをしているのかを細かく聞いてみるといい。多分、その人なりに好き勝手やってるしその人もそれがそこそこ自分にあったものだと感じてるはずなんだよね。あとはそれは素晴らしいねとか偉いねとかあなたに合ってるよねとか言ってもらえればおそらくほとんどの人は満足すると思う。

実際に僕が会社を辞めてから数年間、ブログに思いを綴ったり人を集めて話をしたりっていうことをしていたのも、共感してくれる人に出会って承認してほしかったからなんだと思うんだよね。なので今回の「なんでゆとりさとるはブログ書いてないんや」という質問に対する答えというと、誰かに認めてほしいという気持ちがかなり少なくなったから、ということになる。

多分だけど、僕はこれからも今のような生活を淡々と続けていくんだろうなと思う。自分が使うだけの少しのお金を稼いで、好きなゲームでもして、毎日を過ごす。そんな感じです。何か聞かれればなんでもこたえるんだけど、もう自分から発信していくことは少なくなりそうかなと思われます。次の更新は何ヶ月後になるかわかりませんが、お楽しみに。
スポンサーサイト

category: 未分類

ゆとりさとるラジオ 悩みを科学する  



category: 未分類

23日のラジオ  

準備は着々と進んでます。テーマは悩むことについて。

人はなぜ悩むのか?

悩みというと悪いもの、早く取り除くべきものとしてネガティブなイメージを持たれているよね。なので個別の悩みの解決方法を記したブログなり書籍なりはたくさんあるけど、そもそも人はなぜ悩むのかの仕組みの部分とか、悩みが自分の人生にとってどういう役割があるのか、みたいな内容ってほとんど無いんだよね。心理学とか哲学ですらその領域には踏み込めてない。悩むことについて正面から向き合って、悩みの性質や役割について考える。今回のラジオはそんな内容になってます。

土曜日の朝10時くらいから、最初はひとりで語ってるので、それが終わってもし人がいればフリートークでもやろうって感じでいこうかと思います。よろしく!!

category: 未分類

ラジオやるかも、いややります  

表題の通り、また懲りずに生放送ラジオやるかもです。

内容は僕のライフワークである人生の本質を考えるというテーマで、普段思考してることをゆるりと雑談していこうかなと。

もうねー、人生で起こる一つ一つの出来事についてその原因やら結果やら周囲の評価やら自分にとっての評価やら、そしてその出来事を一般化して他で起きた似たようなことに対して当てはめて考えたり一般化したりっていうのがねー、やめられないんですわ…。僕という人間はそういう思考プロセスで出来ていて、さらにそれを言語化してわかりやすく表現するマシーンみたいなものなんだと思う。考えないでいようと思ってもすぐそういうことばっかり考えてるし、うまく一般化できるとまた気持ちいいんだなこれが…。

僕にとって自分の人生は壮大な実験の場なのかもしれない。

ただ、いつやるかってのは決めてないです…。明日かもしれないし来週かもしれないし来月かもしれません。決めないとダレて流される自分がいるのはわかってるので、とりあえずここは絶対やるというときだけ決めておきます。

今月23日の土曜日。この日は珍しく一日休みなので、ここでやろうかなと。けど、もしかしたらそれ以外でもやってるかもしれません。そのへんはご理解ください。。

人生で悩んでる人にとっては面白い話がたくさんできるかなーと。お楽しみに

category: 未分類

人生の目標は…  

あらゆる物事には正の面と負の面がある。前の記事ではゆったり気ままなフリーター生活みたいな感じに書いていたけど、もちろんそんな良い感じな話ばかりじゃない。

まず僕は毎日「なんで僕はこんなことやってるんだろう」と100回ぐらい考えながら仕事をしている。そしてそのたびに「そうか、ニートやってても自分の心と向き合うばかりでしんどいからだったな…」と思い直すんだけど、それでも仕事に慣れてくるとだんだん働きながらでも自分の心と向き合ってしまっていて、結局なんのために外に出ているのかという気持ちになってくる。

朝起きるのも辛いし、ストレスもたまる。前は1ヶ月1万円あれば余裕で暮らせてたのに、今は衝動買いしたり無駄にお菓子食べたりで、月に4~5万円くらいないと生きられない体になってしまった。体重も無駄に増えた気がする。かといってニート生活になると朝起きるのが辛くなくなる代わりに昼夜逆転でしんどくなるし、生活費は安くなるけど収入も無くなる。

何かが満たされれば何かが欠けて、しかもそのどちらも本質的には僕にとってどうでもいいことなのに、そのどうでもいいことに振り回れている自分がいて、そのことに気づくたびに心がどっと疲れるような感覚になる。

「もっとこうなれば、ああなればいいのにな…」と思うこともあるけれど、少し考えただけで「けど本質的に自分が変わってないから結局一緒だな」とわかってしまうから、夢みたいなものをむやみに追いかけようという気持ちにもならない。
最近だと、「こんなに自分の心を見つめたり反省したりしないで、もっと他人とか他の事ばっかりに夢中になれればいいのにな」とか思ったりしたんだけど、昔の自分がそうだったことを思い出すことですぐにそれはそれで大変な部分があるってことに気づいたり。

仏教という救いにも出会ったわけだから、ここまで来るともう死んでしまってもいいのではないだろうかというのもよく考えるんだけど、なぜか人間として一生を全うする必要があるような気がしてしまって死ぬこともできない。だから僕の人生の目標は、最低限の人間らしい人生として終わりまで完走することなのかな、と思ったりしている。

そのためには少なくとも自分が生活していくだけのお金を稼いだり、親の面倒を見たり親戚づきあいもこなしたり、犯罪もしないようにしたり…なんだか書いていてすごく面倒な気持ちになってきた。なんで僕はこんなことやってるんだろう。
そんな感覚だから就職とか結婚とか起業なんてとんでもない、もう自分一人がなんとかやっていくだけで精一杯だ、と思う。

人生は作業なのだろうか?そんな感覚にすらなってる僕は相当心が硬くなってるんだろうなーとも思うんだけど、やりたいことが無いっていうのはこういうことなんだろうね。

category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。